単身赴任をする手順|知らない土地に移り住むには

事前に調べることが大切

レディ

単身赴任で引越しをする際、利用するとお得なのが、単身者専用のパックサービスです。ただ、このサービスは主に運送会社のもので、引越し専門業者では行っていないところもあります。また、移動距離によっては、普通の引っ越しパックがお得な場合もあります。ですから、事前によく調べて、最も安い方法を選びましょう。

引越し準備と段取り

家とトラック

少ない時間を効率よく

単身赴任が決まった時は、辞令が出てから着任するまでの期間が限定されています。しかも日中は仕事をしている場合が多いので、準備をする時間を簡単に作れないのが実情です。そんな状況でいろいろ準備しなければならない中、最初にやっておくべきことが引越し先の住居と引越し日を決めてしまうことです。これを後回しにしてしまうと、準備が整っていても全てが無駄になってしまうことになるので注意が必要です。住居と引越し日が決まったら、次に重要なのが引越し業者の選択です。単身赴任の場合、荷物の量は少ないことがほとんどですが、とりあえず生活するのに必要最低限の家電用品や家具、衣類などをリストアップして大体の荷物量を把握することがポイントです。軽自動車1台貸し切りの軽運送や、大手引越し業者なら荷物を入れるコンテナの大きさによって料金が変動する単身赴任者向けのパックメニューなどがありますので、荷物の大きさや量に応じてベストな方法を選択しましょう。また、一定期間のためだけに家電用品などを揃えることに抵抗がある場合は、家具や家電のレンタルサービスを用意している引越し業者もありますので、自分に合った業者を選ぶことが大切です。住居や荷物のこと以外にも、住民票の移転手続きや引越し先の電気、ガス、水道などの開通手配、引越し先と新しい職場での挨拶の用意など、単身赴任が決まったらしなければならないことがたくさんあります。期日までにしっかりと準備して、新生活をスタートさせましょう。

単身での引越し

書類

春は引越しする人が多い時期です。そのため、春に単身赴任が決まったら、早めに引越し業者を決めることをお勧めします。コンテナボックス利用の単身パックがある引越し業者なら、一人分の荷物を格安で運搬してもらえます。

急な引越しに対応できます

箱と玩具のトラック

単身赴任の引越はインターネットを利用すると複数の業者の見積もりを簡単に出すことができます。単身赴任専用のパックプランや割引サービスなどもあり、仕事で忙しい人ほど有効に活用することで引越の手間が省けます。