単身赴任をする手順|知らない土地に移り住むには

単身での引越し

書類

便利なサービス

会社の指示で単身赴任が決まったら、住む場所や引越し会社を早めに決める必要があります。単身赴任先で住む場所は、ひとり暮らし向けのマンション、または社員寮など、会社側が用意してくれることが多いです。引越し業者は、会社が用意してくれる場合と、そうでない場合があります。会社が用意してくれない場合は、業者を自分で手配する必要があります。特に転勤の場合は引越しシーズンと重なることが多く、予約が取りづらい時期です。のんびり取り掛かると予約が取れなかったり、余計な費用がかかったりするので注意が必要です。家具や家電つきの寮またはマンションに単身赴任をする場合、荷物が少なくなるので格安になります。引越し業者の一番安い単身パックを利用するか、荷物だけ宅急便で送るという手もあります。家具や家電なども運搬する場合は、大手や地域密着の単身パックが便利です。段ボールやエアーパッキンなどは、事前に手配してもらえます。また、ベッドなどの解体・組み立て、単身赴任先でのエアコン設置や洗濯機の設置などをしてくれる業者もあります。忙しくて荷づくりする時間がない場合は、梱包サービスもあるので便利です。コンテナボックスがある引越し業者なら、さらに便利です。コンテナボックスに荷物を入れて運ぶだけでOKです。ただし、コンテナボックスより荷物が多くなると料金が高くなるので、荷物量は単身赴任をする当日までに減らしておくことが大切です。